スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IISIA公式メールマガジン 2015年9月1日号
http://www.haradatakeo.com/
から転載します。

<ここから>
“今日の焦点”はズバリ:

 「第2次安倍晋三政権の内閣支持率が46パーセントに復活と報道」です。


⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  いつもの”復元力の原則“ですが、見落としてはならない点があります。

 ─それは「振り子は未来永劫一つではない」ということです。
  つまり別の振り子が動き始めれば、上げと下げは交互ではないのです。

 ─統べる者がもっとも恐れているのはこのことです。
  自らを押し上げた振り子そのものが崩壊することです。

 ─したがってその萌芽すら許さないという姿勢を明確にします。
  そのことによって己の地位を守ろうとします。

 ─ところがそうは行かないのです。
  自然(じねん)は必ず振り子を入れ替えるのです。

 ─その瞬間が、新しき者たちにとって「一撃必打」すべき時です。
  一気に梃子の原理で古い振り子は新たなそれに入れ替えられます。

我が国において第2次安倍晋三政権の支持率が再浮上と報じられています。
確かに「その限り」においてはそう、です。

ところが国会前では3万人以上のデモが繰り広げられています。
この「ギャップ」をどの様にとらえるべきなのか。

「所詮、プロ市民や赤かぶれの学生の集まりに過ぎない」
現場を見ることの無い人々はそう考えています。

ところが、そうではないのです。
「普通の市民」が大勢参加しているのです。

「振り子が入れ替わり始めた可能性」があるということなのです。
これを無理に押さえつけることは権力者にとって自傷行為です。

懸命に「野に在る者」を取り込もうとする権力の側。
ところがそれでは収まらない力が動き始めているのです。

既に「時は変わっているのだ」という冷厳な認識が必要です。
それを知らぬ者は今後悲惨なことになります。

私は・・・今、強く、そう想います。
<ここまで>

アベ首相が交代することには大歓迎なのですが、
交代したからとて、今の日本の状況では、あまり多くを期待できない。

そう感じているのは私だけではないでしょう。
ですが、とにかく、
今のアベ首相には辞めてもらいたい!

昨日、国会前の「10万人集会」に参加しましたが、
主催者側から、少なくとも12万人と発表されました。

雨の中、これだけの市民が集まった事実を、
今の政権与党は、重く受け止めて、
首相を交代させる動きをすべきです!
関連記事
スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。