スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ISの黒幕はエルドアン親子だった!

「唖蝉坊の日記」より転載
http://kenbounoblog.blog.fc2.com/blog-entry-335.html

ISの黒幕はエルドアン親子だった!

2015/12/03 11:53

◆米国退役軍人のHP、ヴェテランズ・ツディ(VT)によると、シリアやイラクで暴れているISISを支援しているのはトルコでありその親玉がエルドアン大統領とその息子と娘であるということが暴露されました。米国やイスラエル、サウジアラビアなどもこれに関与していいたのでロシアのシリア空爆を非難していたわけです。しかし、今はフランスも英国もドイツもロシアのプーチンに味方し始めています。
VT Was Right: Bilal and Sümeyye Erdogan, Son and Daughter of President Erdogan, Are ISIS Gangs

VTは正しかった:エルドアン大統領の息子ビラルと娘のスュメイイェはISISのギャングである。

…by Jonas E. Alexis

今年の7月に、VT (ヴェテラン・トディズ)が発表したスクープ「ISIL の負傷者のための医療」は、トルコのエルドアン大統領の娘スーメイが直接トルコの病院に搬送していることを暴いた見事な記事のレポートだった。
ほんの数日前に、VTは、エルドアン大統領の息子、ビラル・エルドアンとISISのテロリストとの相関関係係を報告し、その秘密の操作をたどって、ビラルがシリアのオイルをトルコに流すのをコントロールしていることを突き止めた。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/erudoan.jpg



一部の読者は当然懐疑的だった。しかし、今ではビラルは、父と同じように、ISIS一味の頭であり凶悪犯らと寝ていたことは常識のようだ。私はほんの数分前にYahooのニュースをサーフィンしミントプレスのニュースにリンクしてこれを発見した。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/erdogan-family-business.jpg


「シリアとイラクにいるISISについてのより詳細な情報はレセップ・タイップ・エルドアン大統領及びトルコの情報機関から提供され明らかになった。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/201512031119278c8.jpg



「エルドアンが進めるネオ・オスマン帝国への幻想の道をこのまま継続すればシリア、イラク同様トルコは破壊されるだろう。


◆ビラルは人形ではない。彼は修士の学位を取得し、2004年にハーバード大学ケネディスクールを卒業。「卒業後、彼はしばらくの間、インターンとして世界銀行で勤務している。彼は2006年にトルコに戻り、彼の商売を開始した。ビラル・エルドアンは「BMZグループのDenizcilik海上輸送会社の3つの会社の株主の一人である。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/20151203111925c9b.jpg


従って、ヤフーおよび他の報道機関は、VTが言っていることに追い付いたのだ。記事は、VTの言うとおり進展している。


「2014年10月、米副大統領ジョー・バイデンは、ハーバード大学で講演し、エルドアン政権がISISを支援し「数億ドルと数千トンの武器」を供給したと語っている。

「バイデンは後でシリアのISISに対する空爆のために、トルコのIncirlik空軍基地を使用するために、エルドアン首相の許可を取得する必要があったため、戦術的な理由でハーバードで語った事を取り消し謝罪した。しかし今明らかになったのは、エルドアンがISIS支援の大きさはバイデンが示唆したよりもはるかに、はるかに多いことが判明したのだ。


「ISISの過激派は、イスラエルと米国によって訓練され、過去3年もの間トルコ国境内のコンヤ県にある秘密基地からトルコの特殊部隊によってシリアへ送り出されている。ISISにはエルドアン大統領の抜き差しならない関与がより深くなっているのだ。


「ワシントン、サウジアラビア、カタールが一度にISISの支援を切り離しても彼らは驚異的な強さを保ち続けている。その理由は、エルドアンと彼の仲間、ネオ・トルコ人スンニ派首相アフメト・ダウトオール(Ahmet Davutoğlu)のバック・アップのスケールが大きいからだ。


「ビラル・エルドアンは、いくつかの海運会社を所有している。伝えられるところでは別のアジア諸国にイラクから盗まれた油を運ぶために欧州の事業会社と契約を結んでいるということだ。トルコ政府は、イラクの押収油井から生産されているイラクの略奪オイルも買い入れている。
「ビラル・エルドアンの海運会社はベイルートの埠頭とシーハン埠頭にISISが密輸した原油を日本向けの石油タンカーに原油を隠匿しているのだ。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/20151203112302247.jpg



「息子のビラルに加え、娘のスメィー・エルドアンは、トルコ軍のトラックで毎日、負傷したISIS のテロリストに包帯を巻いてシリアの国境を越えて、トルコの秘密病院キャンプに搬送しているのだ。シリアのアサド大統領と同じアラウィー派の支部のメンバーだった看護師の証言によると、シリアで負傷した血だらけのテロリストにスュメイイェ・エルドアンは賃金を与え送り返していたという。スュメイイェ・エルドアンはアサド大統領と同様、がむしゃらに思える人物だったという。...

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/20151203111924ccc.jpeg


「フランスの作家Meyssanは次のような主張をしている。エルドアンのシリア計略は2011年より、元フランス外務大臣アラン・ジュペとエルドアン政権の外務大臣アメフットアメフット・ダウトオールと連携して行われてきた。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/20151203113354ea7.jpg


トルコはEUのメンバーに加盟するためにフランスのサポートを要請したが、その約束のかわりにジュペは伝統的なトルコの同盟国シリアへの攻撃をサポートするというアイデアを出して、躊躇していたエルドアンを説得した。フランスは後に土壇場でエルドアンのISISによるい大量殺戮を見て去って行った。

NWO(新世界秩序)のために何と悪い季節だろうか!そのエージェントたちがあちこちで愚かな動きをするたびに、彼らはすぐに現行犯で捕まるようになった。彼らはもはや自らの犯罪が秘密に出来ないので本当に意気消沈している。
フォーブス誌でも、すべての場所で、ロシアがNWO(新世界秩序)のために本当に悪い前兆となっていると述べている。

シリアにおけるISISのロシアの最近の爆撃作戦は、トルコをいらだたせているかもしれない 。トルコはクルド人のファンではないし、クルド人は全くISISのファンではない。

「多くのクルド人はイスラム教徒ではなく、ほとんどの場合暴力の標的となっている。彼らはイラクとシリアの一部で自分たちのために統治領を守っている状態だ。彼らの忠誠はオフレコだが、相当いらいらさせることがある。ロシアは、ISISを爆撃しているが、ISISは、イラクで戦っているクルド人の敵である。

スプートニク・ニュースによると、アサドは最近、次のように宣言している。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/2015120311521583b.jpg


「トルコはシリアの政府軍と戦う過激派グループに軍需物資と財政支援を増加させている」

こうしたことは、NWOの代理人たちにとって良いニュースではない。我々は、世界中の人々が立ち上がり、正義のために立っていることを前回の記事で報告している。
さらに最近「ドイツの政治家は、この制裁が希望の包囲網であるとして、ロシアの重要性を認識している」と指摘している。

うーん。ドイツ、フランス、ロシア、イラン、シリア、さらには中国がNWO(新世界秩序)のイデオロギーに挑戦するのだろうか?
NWOにはNATOも含まれている。彼らのプロパガンダを終わらせるためにもこれらの国々が同盟を結ぶことを期待する。

Jon Stewart: Turkey Erdogan helps ISIS at Kobane
https://youtu.be/ts1Br6M-CO0


http://www.veteranstoday.com/2015/11/30/vt-was-right-bilal-and-sumeyye-erdogan-son-and-daughter-of-president-erdogan-are-isis-gangs/




◆フランスの元外相アラン・ジュペがトルコをEUに加盟させたくないがないために、エルドアンの注意をにシリアに向けさせ、アサド政権潰しを勧めたと言うことは初耳でした。フランスが2度もイスラム過激派の標的になるのも無理からぬことです。これもロシア機を撃墜させたエルドアンの復讐だったのかもしれません。フランスも汚い手を使うものです。

◆VTの記事より世界にインパクトを与えるのがロシア国防省の暴露です。これで世界のトルコに対する見方が一変するのは間違いありません。


露国防省のブリーフィング エルドアンとISの関係を暴露


http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/1262510.jpg


2015年12月02日 21:03

トルコをはじめとした一連の国々は、シリアで戦闘員らに手を貸し、違法な石油事業に直接関与している-ロシア軍参謀本部。
シリアとイラクでISが盗んだ石油の主な消費国は、トルコだ-ロシア国防省。
ISの石油販売による収入は、年間およそ20億ドル。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/1262625.jpg


悪党とトルコのエリートたちの統一チームは、シリアで石油を産業規模で盗んでいる。
ロシアには、ISに占拠されたシリアの油田から生産された石油の最終目的地が、トルコであるという証拠がある。
ロシア国防省は、シリアとトルコの国境におけるISの石油を積んだタンカーの車列の写真を公表した。
ISのテロリストらによる石油販売の収入は、トルコ指導部の懐を豊かにするだけでなく、武器や戦闘員という形でシリアに戻っている。

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/1262632.jpg


ISがシリアで所有する石油タンカーに関するロシア国防省の情報は、同省のサイトに掲載され、全ての人にとって閲覧可能となる。
この1週間でトルコからシリアに約2000人の戦闘員、120トン以上の弾薬、およそ250台の様々な種類の車両が投入された。
ロシアは、同国の情報によるとISの石油ビジネスの中心地がある場所へ入ることを許可するようトルコに呼びかけた

Russian military reveals details of ISIS-Turkey oil smuggling
<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/nMA4B2ZnQ2o" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

https://youtu.be/nMA4B2ZnQ2o

◆プーチンは初めからエルドアンがISISの支援者だと決めつけていました。SU24の撃墜は勿論、シナイ半島でのロシア旅客機の墜落もエルドアンの仕業だと見ている筈です。しかし当のエルドアンは世界に向けて「証拠を見せろ、証拠があれば大統領を辞める」と居直っていますが、これだけボロボロ証拠が出てくると、もう逃げ場がないでしょう。ロシアに続きフランス、米英、ドイツが有志連合を組み、シリアとイラクに地上特殊部隊を派遣するそうですからISIS掃討はかなり捗ることでしょう。

◆日本とトルコは非常にいい関係にあり、安倍・エルドアンの蜜月が続いていたようですが、こうなると大変です。
日本がビダル・エルドアンの密輸原油を買っているとすれば、間接的にISISを支援していることになりますから・・・

http://blog-imgs-84.fc2.com/k/e/n/kenbounoblog/erdogan-ve-abe-ertugrul-1890-filminin-tanitimini-izledi.jpg


スポンサーサイト

IISIA公式メールマガジン 2015年9月1日号
http://www.haradatakeo.com/
から転載します。

<ここから>
“今日の焦点”はズバリ:

 「第2次安倍晋三政権の内閣支持率が46パーセントに復活と報道」です。


⇒その理由は……:

 ─「上げは下げのためであり、下げは上げのためである」
  いつもの”復元力の原則“ですが、見落としてはならない点があります。

 ─それは「振り子は未来永劫一つではない」ということです。
  つまり別の振り子が動き始めれば、上げと下げは交互ではないのです。

 ─統べる者がもっとも恐れているのはこのことです。
  自らを押し上げた振り子そのものが崩壊することです。

 ─したがってその萌芽すら許さないという姿勢を明確にします。
  そのことによって己の地位を守ろうとします。

 ─ところがそうは行かないのです。
  自然(じねん)は必ず振り子を入れ替えるのです。

 ─その瞬間が、新しき者たちにとって「一撃必打」すべき時です。
  一気に梃子の原理で古い振り子は新たなそれに入れ替えられます。

我が国において第2次安倍晋三政権の支持率が再浮上と報じられています。
確かに「その限り」においてはそう、です。

ところが国会前では3万人以上のデモが繰り広げられています。
この「ギャップ」をどの様にとらえるべきなのか。

「所詮、プロ市民や赤かぶれの学生の集まりに過ぎない」
現場を見ることの無い人々はそう考えています。

ところが、そうではないのです。
「普通の市民」が大勢参加しているのです。

「振り子が入れ替わり始めた可能性」があるということなのです。
これを無理に押さえつけることは権力者にとって自傷行為です。

懸命に「野に在る者」を取り込もうとする権力の側。
ところがそれでは収まらない力が動き始めているのです。

既に「時は変わっているのだ」という冷厳な認識が必要です。
それを知らぬ者は今後悲惨なことになります。

私は・・・今、強く、そう想います。
<ここまで>

アベ首相が交代することには大歓迎なのですが、
交代したからとて、今の日本の状況では、あまり多くを期待できない。

そう感じているのは私だけではないでしょう。
ですが、とにかく、
今のアベ首相には辞めてもらいたい!

昨日、国会前の「10万人集会」に参加しましたが、
主催者側から、少なくとも12万人と発表されました。

雨の中、これだけの市民が集まった事実を、
今の政権与党は、重く受け止めて、
首相を交代させる動きをすべきです!

太田龍 二・二六事件の真相、全面開示 (14)

太田龍 二・二六事件の真相、全面開示 (1/14)



太田龍 二・二六事件の真相、全面開示 (2/14)



太田龍 二・二六事件の真相、全面開示 (3/14)



太田龍 二・二六事件の真相、全面開示 (4/14)




太田龍 二・二六事件の真相、全面開示 (5/14)



太田龍 二・二六事件の真相、 全面開示 (6/14)


【世界史が教えてくれる広島・長崎原爆までのプレリュード】

こんにちは、前回記事での、公開出来ない事を公開、削除という取り乱した行動、お詫びいたします。本当に注意して記事にしなければいけません。それと、私のブログを転載しているブログをいくつか知っていますが、未知との遭遇までノラリクラリの著者の方には、ご協力いただき、本当に感謝しています。ありがとうございました。さて、日本が明治維新から軍国主義化し、第二次大戦で原爆を投下され軍国主義が終わるのですが、ここに...
【世界史が教えてくれる広島・長崎原爆までのプレリュード】

山本太郎氏、参議員内閣委員会にて初質疑131105



山本太郎、なかなか堂々たる初質問である。
原発について、いままで、此処まで具体的に、
明確に質問した議員は皆無ではないか?
他の野党議員よ、猛省せよ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。